BMW1シリーズを中古車で

BMWといえばラグジュアリーカーです。なおかつスポーティーです。ですから、選ばれた一部の人にしか購入できません。そんな風に皆さん思っていませんか。

でもきっと、皆さんも、街中でコンパクトなBMWをご覧になったことあると思います。あれだったら、、と思ったことありますか。それとも、そこまでしてBMWに乗りたくない、それだったら国産車を買ったほうが良い、そう思われますか?

確かに玄人筋の方から見ると、あんなコンパクトカーのBMWなんて、という意見もあるようなんですが、BMWの1シリーズ、実は中古車市場で現在100万円以下で手に入れることができるようになっているのです。

それも初代1シリーズ。ハッチバックタイプですが、乗り心地はもちろんBMWの乗り心地、ラグジュアリー感もそれなりに味わうことができます。デザインは人により好みがあると思いますが、熟年夫婦がこんなハッチバックに乗っていたら、逆にすごくおしゃれだなあと感じさせる車です。

是非、中古車市場でチェックを。

消費税に悩まされたくない方に

消費税が8%になって以来、大きな買い物がしにくくなりました。車、家など3%の差が身にしみますよね。

そんなこともあってか以前に比べて個人間売買がますます人気が出るようになっています。

なぜなら、個人間の売買であれば、消費税が発生しないから。

そこに目を付けた人たちが個人間で売買することを行っているわけです。といっても完全な個人間で行うわけではありません。皆さん、個人間だけで行うとトラブルが発生する可能性があることをよく知っているからですね。

そこで人気が高まっているのが、個人間売買の仲介サービスです。最近では住宅の個人間売買を行う仲介サービスもあるようですが、中古車に関していえば、このサービスに参入する企業が増えています。とくに最近話題になったのは、大手中古車販売会社のガリバーの参入ではないでしょうか。

ガリバーでは全国にある店舗のうち300店以上を出品や納車の窓口として使うことが出来るようです。消費税が気になる方には耳寄りな情報ですね。

Bクラスであれば若いファミリーにもぴったり

最近の中古車検索サイトの中に「タントの代わりにベンツに乗る」なんていうずいぶん語呂の良い記事がありました。

最初は何となく見ていたのですが、タントの代わりにベンツ?って車を知っている方であれば驚きのトピックですよね。

だってタントといえば、軽自動車ですよ。それに対してベンツって、代わりになるの?という話なわけです。

しかしよくよく見てみるとベンツはベンツでもBクラス。皆さんご存知ですか?ちょっと車高の高い、いわゆるファミリータイプのベンツです。

さてこのBクラスですが、中古車市場では100万円代後半から狙えるようになってきているようです。タントの新車を購入すればおそらく同じ位の価格になることでしょう。タントといえば子育て車としてCMでもやっていますよね。そんな子育て世代の皆さんにタントを乗るのもいいけど、ちょっとおしゃれな子育て車としてベンツのBクラスはどうですか?ということです。

確かに走りも見た目も断然上であることは間違いないでしょう。

行楽シーズンを楽しむための選択

秋の行楽シーズンに向けて今からどのような計画を立てておられますか?やっぱり秋の行楽は車でお出かけしたいですよね。それも、紅葉や自然の美しさを楽しめるようなお出かけであれば最高だと思いませんか?

さて、紅葉となると山道などを走ることもきっとあるはずです。そんなときにピッタリな車といえば山にも街にも似合うシティ派のSUVではないでしょうか。

分かりやすくいえば、トヨタのハリアーとか、最近ではレクサスからも出ていますね。しかしいかんせんちょっと高い。若者にはまだちょっと手が届かない値段ですよね。

そこで、ご紹介したいお手ごろなシティ派のSUVのひとつが日産のデュアリス。車がロボットに変わるトランスフォーマーみたいなCMをやっていたのを覚えておられますか。このデュアリスですが、現在中古車市場では90万円から150万円の価格帯で購入できるようです。

またレクサスGSであれば、なんとCSオートディーラー評判の専門店なら、120万円台、お手ごろなものでは90万円台のものがあるようです。

これだったら若い皆さんも頑張れば手が届きませんか。シティ派SUVで行楽シーズンを楽しむのはいかがですか。

参考)CSオートディーラー レクサスGS中古車専門店

200万円以上は2割!

あなたは中古車を購入する予算はどれくらいですか?

中古車を購入するときに、人それぞれにプランを立てると思います。でも意外とほかの人たちの購入金額や購入プランは知らないものです。

リアルな金額の話もなかなか聞きにくいですしね。

最近、中古車検索サイトの中で、みんなの中古車購入の平均金額が掲載されていました。さて、その結果なのですが、ちょっと安心できる内容に。200万円超の高額中古車を購入するユーザーはなんと全体の2割以下なんです。50%は100万円未満で中古車を購入しているということです。まあ考えてみれば当然の結果なのかもしれません。

200万円を超える車を購入できるのであれば、新車を購入するという選択が出てきますよね。やはり中古車を購入する人のほとんどは価格の安さに重点を置いて選んでいるわけですから。今の車の耐久性を考えると100万円以下の中古車でも十分にそのあと長い期間乗ることができます。

「100万円以下で探している」なんて言いにくい、なんて遠慮する必要はないのです。

CSオート評判の前払い金保全システムに対する北海道からの口コミ

今回は、埼玉・千葉にある中古車販売店CSオートディーラーの通信販売で中古車を購入されたお客さんからの評判口コミを見てみましょう。

なんと、北海道からCSオートの評判の口コミを見て、エスティマをご購入されたお客さんからの評判ですが、親切に事細かく対応してくれたこと、こまめに電話連絡があったためにとても信頼でき、安心できた、とおっしゃっています。

CSオートディーラーは中古車を通信販売で購入しようか考えているお客さんの抱かれる不安や心配を、「お客様目線で考える」ようにしていて、こまめに電話連絡を取り、お客さんが少しでも安心して購入できるよう心がけているそうです。

この北海道のお客さんからはCSオート評判で三井住友銀行のクリアリングトラストという仕組みを用いた、「前払い金保全システム」に関しても高い評価をしていました。

遠方の方にも安心して購入していただけるシステムを整えています。

CSオートディーラーにとっても、お客さんからいただくコメントは、さらに良い中古車を提供していきたいという動機付けになっているようです。

参考)CSオートディーラー評判集

オートディーラーの認定中古車のメリット

中古車を購入しようと思うときによく聞く言葉の1つに「認定中古車」という言葉があります。皆さんもお聞きになったことがあるのではないでしょうか。

中古車販売ディーラーが認定した中古車かどうか、ということなのですが、では認定中古車以外の展示車両とどんな違いがあるのか、という疑問がわいてきますよね。

認定中古車というのは基本的に言って、車の鑑定や査定のプロである第三者機関によって認定された車、その厳しいチェックをクリアした中古車という意味です。ですから、当然質の良い中古車であることは間違いありません。ですから認定中古車は良質で安心できる車と考えてよいでしょう。

同時に多くの中古車ディーラーでは認定中古車に関しては長期保証などのアフターサービスをつけています。ですから、購入後に関しても安心して乗ることのできる車とも言えます。

しかし、同時にこうしたサービス料が価格に含まれてきますので、値段は高めになると考えておいたほうがよいでしょう。中古車サイトでも詳しく違いが説明されていますので参考にしてみてください。

たとえば、千葉県にあるCSオートディーラーはレクサスなどの認定中古車を展示しています。CSオートディーラーはとても評判で、認定中古車の数が多く、また全車3年間走行無制限無料保証付きです。そのため、口コミでも評判が広がっています。

CSオートディーラー 評判

軽を新車で買うのであれば、、

最近のあるニュースの中に軽自動車の新車を購入するよりも、中古の輸入車を購入したほうが断然オトクである、という記事がありました。

まあ、これは個人の価値観が関係してきますし、購入後の維持費を考えれば軽自動車の方がやはり安いことは間違いないために、一概には言えないかもしれませんが、それでも購入時の価格や運転の楽しさ、スタイルの格好良さなどを考えると、確かに軽の新車を購入しようと思っている方は、一度中古の輸入車を検討してみる価値は十分にあります。

たとえばBMWのMINIの中古車などは程度が良いもので100万円以下から探すことができます。

最近の軽自動車はどれも新車で100万円を下ることはまずありませんので、走りの楽しさやオシャレ感を考えるとお得であるといえます。輸入車の場合、新車価格が高いものの、中古車の需要がそれほど高くないこともあり、中古車になると価格が落ちる傾向にあります。軽自動車の新車を検討中の皆さん、検索サイトで輸入車の中古車も探してみてください。

掲載台数が多いということは?

さて、夏本番ですが車を乗り換えることを考えている方、車購入で失敗したくない人、そんな皆さんにお薦めの中古車はどれでしょうか?

迷ったときはまずはネットで中古車サイトを確認してみましょう。そんな皆さんに参考になる情報、たくさん掲載されていますよ。

まず、掲載台数が多い中古車、これはやはりお薦め度が高くなります。なぜかというと、それだけ比較検討できる物件がたくさんあるからです。見比べる車が多いほど、良い中古車を探しやすくなるというものです。

掲載台数がそもそも少ない物件の場合、その中で探さなければならないので、どうしても譲歩せざるを得なくなります。

さて、現時点で大手中古車サイトで掲載台数が最も多い車ですが、車の形状別に見てみると、まずコンパクトカーはホンダフィットです。まあ、そうですよね。ですからコンパクトカーをお探しの方はまずはフィットで探してみると、状態の良い中古車を探しやすいかもしれません。

このように掲載台数をまず見てから探してみるというのもネットで探すひとつの方法と言えるでしょう。

デザインを極めた軽自動車たち

軽自動車が全盛期の時代ですが、一口に軽自動車といっても、実はさまざまな個性的な軽自動車があります。

ホンダのビートなどは名車とした名高いですよね。

昔は軽自動車というと、普通自動車を買えない、もしくは普通自動車を運転できない女性の乗る車、というイメージが強かったですが、ホンダビートなどはまさにそんな概念を覆した車といえるかもしれません。

最近の中古車サイトの中でも、そんな個性的な軽自動車がかなり割安で買えますよ、という特集が組まれていました。しかもなんと総額20万円から狙える、というそんな思わず読みたくなる特集でした。

紹介されていた軽自動車のひとつはスバルR2。皆さんはご存知でしょうか?見てみると分かりますが、個性的なスタイルでかなり洗練されたデザインとなっています。

R1という兄弟車もあるのですが、これは2ドア、R2は4ドアです。ですから、実用面でもR2はそれほど不便ではないでしょう。

ただ個性的なデザインゆえに万人受けしないためか、価格もかなりお得のようです。興味のある方はぜひチェックしてみてください。